東京国際コンテナターミナル
PRINT

2,000万人を超す人々が日々ダイナミックに経済活動を続ける首都圏東京。大井埠頭はこの海の玄関口に7バースの岸壁(全長2,354m)を有するコンテナ専用バースです。
当社は1970年以来、株式会社商船三井を中核とする船会社グループの定期コンテナ船の荷役を一貫して行ってきました。我が国で国際海上コンテナ輸送が本格化したのが1970年。その当初から、当社はコンテナ船荷役に携わっており、この業界のパイオニアであると自負しています。
寄航する船舶は、米、欧州をはじめ、急速に拡大する中国・アジア航路のコンテナ船です。ここ数年のコンテナ取扱い個数は、年間57万TEUにおよび、1隻あたりのコンテナ積載量が6,000TEUに達する大型船が定期寄航しています。今後さらに大型化するコンテナ船に対応すべく、ターミナル設備を整えています。
船会社の大型船投入計画に併せ、1996年より財団法人東京港埠頭公社が約30年前に築造された港湾施設の大々的な改修工事を行い、2002年3月には全ての工事が完了しました。当社もこの改修工事により2001年10月装いも新たに操業を開始し、これまで以上に効率のよいターミナルを目指しています。

新着情報

2017/12/12 2017年年末年始ゲート受付業務の件

2017/12/5 2017年年末年始京浜港ターミナル コンテナ搬出入の件



寄航船スケジュール

最新詳細スケジュールは、予定データが確定および変更となった場合更新いたします。

スケジュール 更新時期 資料
月例スケジュール 毎月
最新詳細スケジュール 変更時 4月10日~5月9日スケジュール(更新日:18/4/20 Fri. 16:45)

依頼書

国際運送途上の免税コンテナ返送願書 ダウンロードはこちら
国際運送途上の免税コンテナ返送願書 ダウンロードはこちら
個別搬入依頼書 ダウンロードはこちら
個別搬入依頼書 ダウンロードはこちら
デマレージ作成依頼書 ダウンロードはこちら
デマレージ作成依頼書 ダウンロードはこちら

ターミナル内雑料金一覧表

施設概要

  No.3 No.4
岸壁長 354m 330m
水深 -15m -15m
面積 143,500m2 133,700m2
最大蔵置個数 8,495TEU 7,055TEU
冷凍コンテナプラグ 351Units 775Units
搬出入ゲート 18Lanes

荷役機器

  No.3 No.4
ガントリークレーン 3Units 3Units
トランスファークレーン

24Units(Rubber Type)

ストラドルキャリア 2Units
トップリフター 2Units
トラクターヘッド 29Units

東京国際コンテナターミナル お問い合わせ先

連絡先:
ターミナル業務部 業務チーム
140-0003 東京都品川区八潮2-3-10(大井新3・4号バース)
TEL:(輸入)03-3790-1142 (輸出)03-3790-1140
FAX:(輸入)03-3790-0670 (輸出)03-3790-6271
お車をご利用の場合 首都高速湾岸線(東京線)大井南ICより5分
タクシーをご利用の場合 JR「品川駅」より15分
JR「大井町駅」より10分
りんかい線「品川シーサイド駅」より5分
※乗車時に「大井ふ頭新4号バースまで」と告げてください。
電車・バスをご利用の場合 JR「品川駅」東口(港南口)バス停1番、または2番のりばより「品98甲:大田市場行き」「品98乙:大井バンプール行き」にて約20分「5号バース前」下車し、徒歩2分
※バスをご利用の場合は、あらかじめ時間をご確認ください
ページトップへ